製造概要・設備

製造支援設備

武州製薬では高品質な医薬品の安定供給のために、製造設備以外にも様々な設備を保有し、医薬品製造のサポートを行っています。

自動搬送システム(AGVシステム)

各製剤棟、包装棟と自動高層倉庫の間を、原材料、中間製品、製品を搬送するために自動搬送システムを備えています。 自動搬送システムと自動高層倉庫および大型コンテナとの組み合わせにより、工場内の搬送と工程間の搬送効率を高めています。

非常用発電設備

工場敷地内に保有している自家発電装置により、約1,980kW/hの発電が可能です。 東京電力からの電力が供給停止した場合や電力不足の場合でも、安定した製品供給が出来ます。

精製水設備

逆浸透膜とイオン交換により不純物(有害物質)を取り除きUV殺菌した精製水を工場内で造り、製造用水および設備洗浄後のリンス水として常時現場に送水しています。

産業排水処理設備

生産系の排水は2系統あり、1系統は一般系排水で工場内の排水処理設備で処理し河川に放流している。もう1系統は高活性系排水で一時的にタンク受けし、外部専門業者による焼却処理としている。

製造実績

1999年の営業開始以来、さまざまな医薬品・治験薬の製造を受託してまりました。

受託会社累計数

国内外の顧客より医薬品の受託製造をしています。

製造品目数

多数の品目を製造させていただいているため、迅速な技術移管、効率のよい製造を実施しています。
製剤製造数製剤製造数
包装包種数包装包種数
治験薬累計会社数治験薬累計会社数
治験薬受託製造累計数治験薬受託製造累計数

査察・監査実績

毎年、数多く国内外の当局・顧客の査察・監査を受けています。
受託製造専門会社ならではの豊富な経験、蓄積された ノウハウを活かし、製剤開発から医薬品製造まで ご要望に合わせて支援いたします。