アカデミア創薬等への投資活動における、スペラファーマと三菱UFJキャピタルとの 医薬品製造等に関わる実現可能性評価における委受託契約締結のお知らせ

スペラファーマ株式会社(取締役社長:吉岡 敏夫、本社:大阪市淀川区、以下「スペラファーマ」)と三菱UFJキャピタル株式会社(代表取締役社長:半田宗樹、本社:東京都中央区、以下「三菱UFJキャピタル」)は、三菱UFJキャピタルが行うアカデミア創薬等への投資活動において、スペラファーマが医薬品製造等の開発計画における実現可能性等の評価を担うため、包括的な委受託契約を締結しましたので、お知らせいたします。

 近年、国内においても医薬品創出のためのエコシステム構築の重要性が高まり、アカデミアが公的資金を活用し自ら実施する創薬(以下、「アカデミア創薬」)、オープンイノベーションとして製薬会社とアカデミアが共同で創薬を行う動きが活発化しています。それらの創薬活動の中で大きなハードルの一つとなるのが医薬品製造等に関わるプロセスです。

三菱UFJキャピタルが行うアカデミア創薬等への投資活動において、スペラファーマは医薬品研究開発・製造等における幅広い経験を活かし、その計画の実現可能性や実施状況を評価します。三菱UFJキャピタルによる投資後には、スペラファーマは必要に応じて助言を行い、治験薬・医薬品の委託研究開発・製造・治験申請に移行していくことを想定しています。
これらの活動により、アカデミア創薬等への投資リスクの軽減はもとより、開発課題の成功確率の向上も期待され、アカデミア創薬の進展に寄与するものと考えています。