品質方針

武州製薬は最も良い医薬品を製造することを通じて、人々の健康に貢献する存在価値の高い企業の一員となることを目標としています。その目標を実現するためには、人々の生命に深く関わる製品を製造していることの強い自覚と品質に関して責任ある行動が重要と考えています。武州製薬のすべての人々は、品質に対し、常に細心の注意を払い、高い倫理観と道徳観を持って、以下のとおり行動します。

  1. 総合的な品質保証システムを確立し、高い品質と信頼性を保持します。
  2. 顧客ニーズを的確に把握し、常に満足が得られる品質の製品を提供します。
  3. 高度な技術を追求し、より優れた品質を目指します。
  4. 国際的に通用する品質管理および製造管理の手順を策定し、遵守します。
  5. 教育・訓練を重視し、武州製薬のすべての人々の品質に対する意識を高めます。

安全衛生

武州製薬では企業理念を実現するには、まずその基盤として『安全・衛生の確保』が最も重要であると考えています。働く従業員が安心して働ける環境が確保されてこそ、高品質の医薬品が製造でき、社会へ貢献できるとともに、働く従業員の幸せにつながるものと考えます。 そのために下記の取組を行っています。

  1. 武州製薬が受託する治験薬、医薬品については、自社で制定した『新規医薬品原薬の取扱い規則』に基づき、有害性・安全性評価を行い、その取扱基準に応じて適切な製造設備の選定・設置・改善、作業者保護具の着用等を行うことをルール化し、作業者の安全・衛生面での防護を確実に行うこととしています。
  2. 安全衛生委員会を定期的に開催し、各部署の安全衛生活動の促進を図るとともに、安全管理者・衛生管理者による職場巡視だけでなく、経営層による定期的な巡視を行い、安全・衛生環境についてリスクアセスメントの実施、改善への積極的な取り組みを行っています。
  3. 作業環境測定、事務所環境測定、定期健康診断、特殊健診(深夜・有機溶剤)、健康・過重労働相談、メンタルヘルス相談、メタボ予防測定 など従業員を安全衛生面でサポートする取り組みを行っています。
  4. 労働災害防止への取組としては、ヒヤリハット事例の収集と分析による発生要因の解明と対策を積極的に進め、表彰制度を設けて安全意識の向上に努めています。

コンプライアンス方針

武州製薬は、「世界の医薬品産業の発展と人々の健康のため」という企業理念を実現するにあたり、全ての従業員はコンプライアンスの重要性をしっかりと認識し、武州製薬の一員であることに誇りを持って、以下の通り行動します。

  1. 法令やルールを遵守し、いかなる時も公正かつ誠実に行動します。
  2. 単なる法令遵守にとどまらず、社会の常識に沿い、企業としてどうあるべきかを追求しつつ活動します。
  3. 社内コンプライアンス体制の充実を図り、より良い企業環境を作ります。
  4. 意識の向上を図るとともに社会の目線の変化に対応するため、コンプライアンス教育を継続的に行います。

情報セキュリティ方針

武州製薬は、医薬品及び治験薬の製造を行う受託製造専門会社(CDMO)です。お客様からの情報を得て生産活動を行うことから、情報セキュリティの確保は業務を行う上で大前提となります。全ての従業員は、情報セキュリティの重要性を認識し、以下の通り行動します。

  1. 情報資産の機密性及び重要性を認識し、適切な取り扱いをします。
  2. 情報セキュリティに対する啓発及び重要性の認識を高めるために、必要な教育を実施します。
  3. 情報セキュリティに関する法令、基本方針や諸規定等を遵守します。
  4. 情報セキュリティに関する基本方針や諸規定に違反する事例が発生した場合には、適切な処置をとります。

EHS(環境安全衛生)方針

私たち武州製薬は、企業理念を実現するために、従業員および外部パートナーが安心して働ける職場環境の確保、地域社会との共存、地域環境に配慮した活動に取り組みます。

  1. 私たちは、すべての事業活動を通じて、健康、安全の確保、環境の保全を最優先に位置づけ、武州で働く一人ひとりが自主的かつ継続的に取り組みます。
  2. 私たちは、EHSに関する法令および地域や業界の行動規範などを遵守し、最善策の取り組みをめざします。
  3. 私たち、役員及び従業員は高いEHS意識を持ち、各自の役割と責任を認識して、行動できる体制を整備します。
  4. 私たちは、継続的な改善と予防の為に、EHSマネジメントシステムが適切かつ妥当であるよう確実に維持するために定期的に見直しをします。
  5. 私たちは、天然資源を保護し、環境負荷低減に取り組みます。
  6. 私たちは、安全確保と快適な職場の創造を積極的に推進し、労働災害防止への取組と安全意識の向上に自覚を持って努めます。
  7. 私たちは、ステークホルダーとの、積極的な対話や適切な情報提供に努め、信頼関係を構築します。

受託製造専門会社ならではの豊富な経験、蓄積された
ノウハウを活かし、製剤開発から医薬品製造まで
ご要望に合わせて支援いたします。