新型コロナウィルス感染症に関する当社の取り組みについて

当社は、新型コロナウィルス感染症の拡大状況を考慮し、下記の対策を実施することにより、新型コロナウイルスによる感染リスクの低減に取り組みます。なお、本取り組みは、感染症の今後の状況等に応じ適宜変更します。

◆危機管理委員会を設置し、社内感染リスクの軽減等を検討、実施。
 ※全役員及びEHS(Environment, Health and Safety(環境及び安全衛生)担当、コンプライアンス担当並びに関係各部門長で構成

◆従業員(社内協働業者様含む)が取るべき対応ガイドラインを策定し、出社前の体温測定、手洗い・うがい等の徹底及びインターネット/テレビ会議等の利用並びに国内外の出張原則禁止等を指示。その他、状況に応じて、従業員への自宅待機・時差通勤指示及び在宅勤務の推奨・指示並びに他工場勤務等、従業員の安全確保策を実施。

◆来訪者については、出来る限り訪問を控えて頂き、会議は上記インターネット会議等で実施、来社された場合には、入場時・退場時に体温測定、手洗い、アルコール消毒を依頼。また、工場内の立入りエリアによっては来社後2週間ほど検温を続けて頂き、体調不良が生じた際の連絡を依頼。

◆万が一、従業員及びその同居ご家族で感染が確認された場合、速やかに以下の対策を行います。
 ・対象従業員の行動範囲及び社内濃厚接触者を特定。
 ・保険所等と連携しながら対策を検討、実施。
 ・対象従業員及び濃厚接触従業員の帰宅等、社内感染拡大防止策及び従業員の安全確保策を実施。
 ・対象従業員及び感染された同居ご家族との濃厚接触者に関しては、最低2週間の自宅待機。

武州製薬は、国内外の関係行政庁の提言を含め、引き続き情報収集を多岐に行い、今後も必要な措置を迅速に検討、実施してまいります。                   
以上