冷蔵倉庫棟の建築

9月20日の地鎮祭から2か月以上が経ち、順調に工事は進んでいます。

Bushu Cold chain warehouse

稼働開始目標は、2020年夏以降です。
これにより国内外の医薬品市場において着実にシェアを拡大している温度管理が必要な抗体医薬を含むバイオ医薬品などの生産量を大幅に引き上げることが可能となります。
引き続き、国内外のお客様から必要とされる存在価値の高い企業として、常に武州製薬株式会社を第一に選択していただけるよう邁進してまいります。

新冷蔵倉庫棟詳細
床面積:1階:1554㎡ 2階:1274㎡ 3階:1252㎡
作業種目:冷蔵包装、一般二次包装、治験薬包装、冷蔵保管
容量: 第1期300パレット、第2期300パレット追加、第3期 300パレット追加(2℃~8℃管理)
地震対策:自動倉庫はラック構造に最適な減振装置を採用し、揺れを最大1/2程度に低減可能
停電対策:自家発電機と重油貯蔵による1週間の連続稼働
その他:入庫から出庫までの適切な温度管理を実現(入出荷前室:2~15℃、荷捌きエリア:2~8℃)